日本の小さな町工場から生まれた、「世界のエアロコンセプト」。
航空機の構造体パーツ製造の技術を活かし、職人 菅野敬一氏によってつくり上げられた製品が、10F 男の書斎に登場します。