岐阜県 高山市にて活動されている吹きガラス職人の安土草多氏の器は、手仕事ならではの“ゆらぎ”が特徴で、夏の日差しや光の下 美しい影がこぼれ落ちるやさしい作品たちです。